BellyButton blog

handmadeのこと、日々のことshopのことを綴っています。


Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ソーイングポシェ vol.17 (Heart warming life series)
ソーイングポシェ vol.17 (Heart warming life series) (JUGEMレビュー »)

薄手インディゴリネンを提供させていただきました
May Me スタイルの大人服 (Heart Warming Life Series)
May Me スタイルの大人服 (Heart Warming Life Series) (JUGEMレビュー »)
伊藤 みちよ
オリジナルレース フローラ&シャボンを提供させていただきました
赤ちゃんのまいにち小物
赤ちゃんのまいにち小物 (JUGEMレビュー »)
岡田桂子
USAコットンを提供させていただきました。
  • admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3


  • Graphic by tudu*uzu
  • Designed by evidence


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
newパターン

「ブリオッシュブラウス」 
 パターン制作 ferilu  rie


モデル rie


パターンは「前開き」と「後ろ開き」バージョンがあります。

「前開きバージョン」前


「前開きバージョン」後ろ



「後ろ開きバージョン」前


「後ろ開きバージョン」後ろ



見返しを抑えるステッチラインもデザインの一部
大事なポイントです



ワンポイントとなるボタンも生地と合わせて楽しめます

 


こだわりは、少しぷっくりした袖と首回りの開き具合。

袖口をタックですぼめることで、ぷっくり感がでることと、袖口が開きすぎでジャマになるということがありません。

首回りは下着やカットソーのチラ見えがなく、開きすぎていないところがいいのです。

実は、前開きバージョンでパターンを制作して出来上がっていたのですが、
後ろ開きバージョンもリエちゃんが作ってきてくれて、「どっちもあったらお客様喜ぶよね〜〜」と、
ただいま「後ろ開きバージョン」をパターンに追加中。

仕様書は前開きでの作り方を説明しております が、後ろ開きでも応用していただけます。


パターン名は
午後のひととき、紅茶と焼き菓子でティータイムを楽しんでいる・・・をイメージしてフランスのお菓子の名前を付けたいなぁと思っていました。

「ブリオッシュ」とは花が開いたような形で中央がぷくっとしたお菓子のようなパン
フランスではポピュラーな菓子パン?ですが、きっと皆さんもご存じかと思います。

ちょうど袖のぷっくりした感じと、ふんわりしたお洋服のイメージとが重なって、ぴったりな名前になりました。



 

| shopのこと | 11:11 | - | - |
試作
新しいパターンを出す前に、仕様書の間違いがないか、パターンミスがないかの確認のために、作ってみます。



生地 ふわしゃりラミー

できた!簡単。
裁断後2時間ほどのソーイングタイム






これ、ウールでもいけるね〜〜♪
と、ウールガーゼ(モカベージュ)で作ってみました。


ふんわり暖か。こりゃあいい♪
お洋服が重いと肩がこっちゃうからね。

早速着てます。
おかげで、ときめいていない冬服をやっと断捨離できた。
よかったぁ




 
| shopのこと | 10:52 | - | - |
ほのぼのまめまめちゃん
あっ!
・・・という間に2月です。

仕事場改装もして、webshopもリニューアルして、あれもしてこれもして・・・・
と、したいことが山積み。

webshop「2月初旬再開予定です」・・・・予定立てたのでその通りしたい。

アセルアセル


shopページ作りがなかなか進まず・・・。
ここをこういうふうにしたいんだけど・・・が、できない。


PCに詳しい人に来てもらって「わからないことがあれば、また来るよ!」と言ってもらえたとたん安心したのか進み始めた。
進んでくると、苦しかったことがちょっとだけ楽しくなってきた。

まだリンクが貼れてないところがあったりしますが、webshop、雰囲気変わりました。→BellyButton (見て見てね)
よく行くスーパーが、店内改装したりすると、どこに何があるのかわからなくなってしまったりするように、買い物しづらくなっていないといいのですが・・・。



リニューアルにあたって、素敵な画像が欲しいと思い、スーパーマンを呼びました。

ほのぼのまめまめちゃん
ものすごく素敵な、こうありたい生活をしてられて、
なんでも自分達で作り上げる夫婦
とっても素敵なんだけど、ボケていて可愛かったり。
・・・私の陳腐な言葉では、ほのまめちゃんを伝えられそうにないなぁ。

ほのまめちゃんのブログを見てもらったほうがよくわかる。



「お願いします。写真を撮ってください」(頼みごとする時は敬語です)
と、私の焦燥感が伝わったようで

「私でいいがんけ〜?」と言いながら、かっこいいカメラを担いで参上。
やさしくて暖かいスーパーマン。

モデルはやっぱりリエちゃん
で、撮影会開始。


























ferlilu(リエちゃん)のお洋服コーナーを作りたいと思っています。





新しいパターン (パターン ferilu 制作) ただいま準備中
プルオーバー 生地 厚手ぽってりリネンシャンブレー(サルファイエロー)



プルオーバー 天日干しリネン(ブラック)


ブラウス リネンボイルワッシャー 千鳥チェック(BP)
パンツ  JAPANインディゴヘリンボン



パターン カプリオーバー
生地 リネンプチワッフル  


おかげさまで2月初旬に・・・・
来週あたりに再開できそうです。
どうぞ宜しくお願いいたします。




 
| - | 08:32 | - | - |
生地たて
ごろんごろんと転がって遊んでいたものは



生地たてに使いました。


元々はこんな色でした。

結構な深さがあるので、中までペンキを塗るのが一苦労でした。

中に潜っては塗り。
ペンキを付けてはまた中に潜って塗り塗り。

苦労したかいあって、綺麗になって気持ちよく使えます。
 
| お部屋改造 | 09:39 | - | - |
境界線
仕事場は車庫を改装しています。

我が家の2台分の車庫のスペースは
1台分は夫がスキー用
もう1台分は私の仕事場用になりました。
(車は庭に停めることに)


仕事場とスキー用の場所の境界には扉を付けなかったので、お客様が来られた時、丸見えにならないようにどう隠せばいいかなぁ?と、いろいろ思案していました。


暗いからよく見えない感じだけど、電気をつけたら



あらら・・・。となってしまいます。



始めはパーテンションで隠そうと思っていたのですが、
カーテンを付けました。



普段は棚の方にカーテンをかけておきます。

埃よけにもなるし、ちょうど良かったかも。
生地カットしていると、綿ぼこり結構出ます。


これで仕事場作りはボチボチ終わりに近づき、今度は新入荷の生地達を写真に撮ったりしていかないと。

フランスリネンのボーダー 人気の黒に続き、白バージョンが入荷しました。



袋に入ったままですが、白バージョンの細ボーダー&3本ラインボーダーも。

お買い得な価格のインディゴの生地も


来月OPENに向けて準備していきます。
お待たせしておりますが、もうしばらくお待ちくださいませ。
| 作業部屋 | 22:16 | - | - |
自分が表れる?
「自分の身体は自分が食べたもので作られている」と、聞くことがありますが、
お家もまた、そうだなぁ と思っています。
「お家は自分の選んだもので作られている」と。


スタッフリエちゃんが、昨年中古のお家を買った時。
どんな家だろう〜〜?と見に行きました。
家主がいなくなってそのままだったお家は、片付いてすっきりしているけれど、たくさんの物がありました。

たくさんの物が残っていたというお話ではないんです。

そのお家の方の暮らしぶりは、きちんとされていたであろうと感じました。

きちんと片づけられた本やビデオテープ類、食器、調度品
オーダーメイドされたであろう、品のいいスーツやコート
けれど普段使いの食器は一般的だったかも。


住んでいた人の経歴も詳しい年齢も何も知りません。
でも、そのお家を片づけた時に、その人の趣向や暮らしぶりを感じました。

そして、自分自身に振り返った時に
おぉっっと(身震い)

「これが私」なのか・・・・

好きで選んだと思っていたけれど、お値段につられた物。
とりあえずと置いてある物たち
掃除が行き届いていない箇所箇所

「こんなもんで、ま、いっか」な私が浮き彫りに。


お高い物で揃えることは出来なくても、工夫して暮らしているんだな。
というお家にしたいな。

「お家は自分を表してる」と肝に銘じ、これからの生活をしていこうと。


 
| 日々のこと | 00:46 | - | - |
リエちゃん家

スタッフリエちゃんも、新居に同じ生地でカーテンを


リエちゃんが昨年、中古のお家を購入してリノベーションしました。
リノベーション前と完成間際にも見に行ったのですが、その変貌ぶりにびっくり。

私の仕事場改造はこの変貌に感化されて決意しました。
そしてリエちゃん家を手掛けた大工さんに、仕事場改装をお願いしたのです。
(リエちゃん夫妻の知り合いということで心強かった)

大工さんとの初めての打ち合わせにはリエちゃん夫婦も来てくれました。
おかげで少し緊張はゆるみ、自分のやりたいことのイメージを伝えることが出来ました。

大工さんのセンスを信頼できるってとっても安心なこと。
いろいろ相談しながら仕上がっていきました。



素敵なリエちゃんのお家 ちらっ







リエちゃんと旦那様「らしい」居心地の良い家でした。
 
| 日々のこと | 00:48 | - | - |
<< 2/57 >>