BellyButton blog

handmadeのこと、日々のことshopのことを綴っています。


Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

ソーイングポシェ vol.17 (Heart warming life series)
ソーイングポシェ vol.17 (Heart warming life series) (JUGEMレビュー »)

薄手インディゴリネンを提供させていただきました
May Me スタイルの大人服 (Heart Warming Life Series)
May Me スタイルの大人服 (Heart Warming Life Series) (JUGEMレビュー »)
伊藤 みちよ
オリジナルレース フローラ&シャボンを提供させていただきました
赤ちゃんのまいにち小物
赤ちゃんのまいにち小物 (JUGEMレビュー »)
岡田桂子
USAコットンを提供させていただきました。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
色の本


shopを更新する時に結構悩むのが、生地の「名前」つけ。
さらに、「生地の色」を説明したり、色の名前をつけたりするのも、う〜〜〜ん。って苦しむ。


赤、白、黒、緑 のように、色そのものの名前よりも、

バニラ、トマト、レタス、からし、ラベンダー、セージ のように、食べ物や植物などの色を使ったほうが分かりいいのでは?と思って意識して使ってます。
トマトと言ってもグリーン〜熟したトマトまで成長過程で違うのだけど、
「トマト」で連想するイメージのほうが、色の微妙な具合を表しているのではないかしらと??

少しでも「う〜〜〜ん」をなくそうと、色のお勉強を!と、思って購入したのが、
こちら

(株)視覚デザイン研究所 「配色基礎講座」

色の名前というより、「色の組み合わせ」の本
どこか変なんだけど・・・何か物足りないんだけど・・・・
どこがどうなのか?が解ってくるような気がします(今はまだ解っていません)

冬の間、スキー場への往復の間、読んでました。
その時は、なんだか解るようで解らない。実際自分が色を操れるか?っていうと、出来ないなー。って感じ。難しい文章でもないのですが、わかるようで難しい。これが色の世界なのでしょう、
でも、あきらめず、時々思い出したように、パラパラとめくることをしていたら、少しずつ溶け入ってきたような気がします。


後、こちらも

角川書店 「色の名前」

写真集のようになっています。

色の名前の由来についても書かれています。

色の本はたくさんあるので、これ以外にも他にもたくさんいい本はあると思います。


結局のところ、色の名前付けに悪戦苦闘する日々は解消されていません(苦笑)
たくさんのカラーとその名前をついている本を買えばいいのかも。
けれど、色はドンピシャな色名をつけるよりも、(つけたところで、専門用語すぎて分からなかったりする)イメージの色の方が入りやすいのでは?と思い、これからも苦労しながら、自分のイメージしたカラー名を付けていこうと思います。

| 豆情報 | 15:11 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 15:11 | - | - |